アクティブ防災とは

アクティブ防災とは?

楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災を!
東日本大震災の被災体験を元に生まれた、防災に対して、アクティブな姿勢で行動を起こすための防災企画です。
重要だとわかっていながら、重い腰をあげることができない防災について、
「楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災を!」
をモットーに、対象者層のライフスタイルを考慮した、思わず取り組みたくなる防災術や、防災に関する課題解決をテーマとした防災企画を提案していきます。

アクティブ防災の特徴

1)生活者としての視点をいかした防災
これからの防災は、命を守った後に、生活を守ること——生活者としての女性の視点——を考慮した備えが不可欠です。日常生活やライフスタイルの延長上にある防災は、負担感が少なく、取り組みやすいのも特徴です。
アクティブ防災講座の特徴1
プロ
2)課題解決型の防災
防災は、私たちの生活全般に関わってくることです。そのため備えるべき範囲が広く、100%の備えを目指すのは簡単なことではありませんし、災害がある度に繰り返される「想定外」の多さを考えると、100%の備えが存在するのか?と疑問に思うこともあります。ただ、だからと言って、まったく備えないというのでは、命や生活、未来を守れません。
東日本大震災をはじめ、過去の震災体験から現在の防災に欠けているもの(課題)が数多く指摘されています。
また、防災の取り組みを初めてみると、その都度さまざまな課題にぶつかります。
アクティブ防災講座で提供するのは、課題を解決しようとするプロセスです。
もちろん、プロセスの1つとして、この課題に対する解決法の1つを紹介することはあります。でも、それはベストではなく、あくまでその時点でのベターです。
ここ数年、毎年新しい気象用語が出てくるように、環境は絶えず変化しています。また、毎日、大量の製品、アイデアが生まれていることを考えても、課題に対する解決法も常に進化していくべきだと思っています。
3)生きる力をのばす防災
”できることから始める防災” ”〜しながらの防災”がアクティブ防災の基本です。まずは負担が少ない取り組みから始め、楽しく活動しているうちに、防災力を高めることができます。
自然災害は想定ができません。そのため目指すは”自分で考え、行動する防災”です。どんな危機にも対応できる「生きる力」を高めていきましょう。

アクティブ防災考案のきっかけ

重要だとわかっている防災がなかなか普及しない理由は?
『子連れ防災手帖』を編集するにあたり、お話を伺った多くの被災された方々が「震災は起こると聞いていた。だけど、まさか自分が被災者になるなんて思っていなかった」と、おっしゃっていました。
「家族の命と未来を守る防災は大切。
それなのに、どうして重い腰があがらないのだろう?」

 

その原因を分析したところ、防災を後回しにしてしまう理由は、MMKM:メンドウ、M:(災害が起こらなかったら)ムダ、K:(お金や負担が)カカル】にあることがわかりました。

 

さらに取材を進め、自分たち自身でも、実際に防災を始めてみると、重要な点に気がつきました。真剣に取り組んでいるつもりでも、防災がどこか他人事になってしまっていないかということです。
 
「非常食に乾パンを備えてませんか?子どもはパサパサしたものを食べてくれませんでしたよ」。

 

子どもの偏食解消レシピを編集した際、そこに「子どもはパサパサしたものを嫌います」としっかりと書いたにもかかわらず、備えていた非常食は乾パン。自らが持つ知識や経験が、防災にまったく活かされていないことにショックを受けました。災害時に本当に役に立つ備えをするためにも、防災は日常生活の延長上にあるべきです。

 

普及を妨げる要因”MMKを取り除き、個人のライフスタイルにあった防災を提案することが家族の命と未来を守る防災になるのではないか?

 

これがアクティブ防災を考案するに至ったきっかけです。
※次ページでは、「なぜアクティブ防災なのか?」を紹介します。

12

Pocket