運営団体

法人概要

名称: 特定非営利活動法人MAMA-PLUG(NPO法人ママプラグ)

コーポレートサイト:http://web-mamaplug.com

本部: 川崎市中原区木月1-32-3-201
info@npo-mplug.com
設立:
  • 2009年9月より、任意団体としてママプラグ・プロジェクトをスタート
  • 2013年2月27 日に法人格取得
役員:
  • 理事長 冨川万美
  • 副理事長 小暮裕美子
  • 理事 宮丸みゆき
  • 理事 森民子
  • 監事 藤岡比佐志

NPO法人ママプラグとは

社会問題について、クリエイティブな視点での解決に取り組むNPO法人です。

NPO法人 MAMA-PLUGは、子育ての当事者が直面する社会問題について、クリエイティブな視点から解決に向けた取り組みを行うNPO法人です。
本サイトで紹介している「アクティブ防災」のほか、女性の生き方としてのキャリアを豊かにする「キャリア事業」、被災母子支援のなどを中心に事業展開を行っています。

アクティブ防災事業

東日本大震災の被災女性の体験談をもとにして生まれた、女性目線の防災術です。楽しみながら、本当に必要な防災術を伝えています。
» くわしくは「アクティブ防災とは」へ

生き方の選択肢を増やす、キャリア構築事業

img_circle_01川崎市男女共同参画センターとの共同事業として、2012年度より、育児中の女性や学生に向けたキャリア講座を展開。好きなことを仕事にし、前線で活躍する女性たちを講師に迎え、自分らしいキャリアの構築についての情報を発信しています。
育児中の女性に対しては、出産前のキャリアを活かして好きなことを仕事にする術や、自分の強みに気づき仕事につなげる方法を伝授。
また、学生に対しての講座では、ライフステージを考慮した自分のキャリアプランの作り方から実現する方法までを伝えています。

被災女性支援

ママプラグでは、2011年7月より被災女性支援活動をスタート。「つながる.com」の総合プロデュースを行い(活動終了)、被災女性の心のケアと仕事支援を行うワークショップを開催してきました。現在は、被災女性同士のコミュニケーションを図る場の提供やメンタルケアに重点を置いたワークショップを開催しています。

ワークショップ内容

平成24年度、25年度の福島県地域の寺子屋設置支援事業に採択されました。
首都圏に避難中の女性を対象とした、アートワークショップを開催。世界的アーティスト、ミレイヒロキがデザインした花柄の布を参加者で囲み、布用クレヨンで色づけ(ぬり絵)していきます。

ぬり絵には心を癒す効果のほか、過去でも未来でもない”今”に集中する作用があるといわれています。参加者は、想いを込めたデザイン・色づけをしながら、避難生活に必要な情報交換を行い、交流を深めています。

色づけが完成した布は、大分の老舗、太田旗店にて裁断・縫製され、世界にたった1つの花柄のトートバッグができあがります。トートバッグは、ぬり絵に参加した被災者の皆さんと、地元福島の大切な人のもとへ1個ずつお渡しする仕組みになっています。

Pocket