事業目的・概要

事業目的

地域防災ネットワークづくり

過去の被災体験を元に、”自分で考え、自分で行動する”アクティブな防災行動を啓発するための講座事業を、神奈川県内各地で開催し、家庭や地域の防災リーダーを育成していきます。また、講座を開催するにあたり、各地の行政や団体、参加者等とつながっていくことで、地域防災ネットワークづくりの種まきをしていきます。最終的には、講座を開催によりが同じ問題意識を持つ各地の防災ネットワークが緩やかなにつながっていくことで、防災に強い神奈川県を目指します。

男女共同参画の視点を盛り込んだ防災の啓発

「子連れ防災手帖」の制作時で痛感したのは、男女共同参画の視点を盛り込んだ防災の仕組みづくりが急務であるということです。男女共同参画の視点とは、思いやりの気持ち。災害時要援護者をはじめ、自らの特性に応じた支援が必要な人たちの防災について、地域全体で考え、取り組んでいくことが重要です。地域防災に男女共同参画の視点を盛り込むことができれば、平時の地域社会がもっと住みやすくなります。災害時だけでなく、平時の地域社会の課題を解決していく「思いやりの防災」を目指します。

事業概要

1)アクティブ防災講座事業

アクティブ防災について啓発し、防災を楽しみながら取り組める具体的な方法を紹介していく防災講座を通じ、防災アクションを起こすグループと、その活動を促進させる防災リーダーのネットワークを神奈川県内各地に作っていきます。また、各地で開催するにあたって、地域の行政や団体、参加者と積極的に連携を図り、地域防災ネットワークの種まきをします。

 

  • 子連れ防災講座
  • 支援者のための(孫連れ)防災講座
  • 地域連携モデルケースとしての防災講座
2)ファシリテーター養成講座事業
アクティブ防災に共感し、防災の啓発に関心がある人を対象に、ファシリテーター養成講座を開講します。本事業を修了し、OJTを通して認定を受けたファシリテーターは、講座やイベント等でファシリテーターとして活躍できるほか、個人で防災講座を開講したり、活動をサポートする各種事業に参加することができます。

5年間の協働事業で目指すもの

img_index02

Pocket