認定・お仕事開始までの流れ

1.アクティブ防災講座の受講

まずは、どのアクティブ防災講座でも構いません。実際にご自身が受講してみてください。

共感するものはありましたか?活動に共感された方は、ファシリテーター養成講座にお申し込み頂くか、メンバーとしてのご入会をお申し込みください。

 

>>アクティブ防災事業で求められるファシリテーター像をまとめた<<ファシリテーターに向いている方はこんな方!>>もご覧ください。

>>講座のお問い合わせやお申し込みはコチラから。

2.ファシリテーター養成講座の受講

アクティブ防災のファシリテーターになるためには、ファシリテーター養成講座の受講が必要です。

※現在まだ開講数が少ないため、まずは「3」のOJTから始めて頂くことも可能です。

ファシリテーター養成講座(全5回):

1回目アクティブ防災とは?

〜アクティブ防災の内容と、目指すところをお伝えします

2回目ファシリテーターとは?
〜講師とファシリテーターの違いや、ファシリテーションの基本について学びます
3回目ファシリテーターに必要なこと〜Beingを考えよう〜
自分らしさって何か?ファシリテーターになった自分を想像し、想いを形にします。
4回目ファシリテーターに必要なこと〜Doingを考えよう〜
ファシリテーションスキルやテクニックを学び、ファシリテーターの役割について学びます
5回目ミニプレゼン・発表会
〜自分がどのコンテンツを中心にアクティブ防災に参加していきたいかをプレゼンしてもらいます。

テキスト:「子連れ防災実践ノート」、その他、当日配布の講座資料

受講料:1コース(5回、テキスト代込み)10,000円 ※かながわボランタリー基金21の助成講座の場合、2,500円(+子連れ防災実践ノート800円)

推薦図書:「子連れ防災手帖」、「防災ピクニックが子どもを守る!」

すべての学科を受講された方に、修了証を発行します。

修了証を授与された方は、「ファシリテーター(ジュニア)」の認定試験を受けることができますが、アクティブ防災や、本事業を理解して頂くためにも、先にOJT研修を受けて頂くことをおすすめしています。

※修了証はすべての講座を受講されたことを証明するもので、ファシリテーターを認定するものではありません。

3.アクティブ防災メンバーとして、OJT研修

ママプラグが開催する防災講座やイベントなどのアシスタントとして実際の現場を体験して頂く中で、OJTを受けながらファシリテーターとしての経験を積んでいただきます。ステップアップしていけるOJT 研修や、防災サロンでの研修をご用意していますので、講師等の経験がない方、しばらく仕事から離れていた方でも安心して、参加頂けます。

 

講座やイベントのスタッフとしてOJT研修を受けて頂いた方には、謝礼のお支払い(神奈川県協働事業で開催の防災講座の場合、1回5,000円。ほかは、それぞれ委託先予算等によって変わります。)もあります。

 

>>お仕事内容についての詳細は、<<ファシリテーターとは>> <<ファシリテーターとしてのキャリア>>もご覧ください。

3.ファシリテーター(ジュニア)の認定試験

アクティブ防災講座にはたくさんの種類のコンテンツがあります。

ファシリテーター(ジュニア)の認定試験には、アクティブ防災講座のコンテンツを1つ以上マスターしていることが条件となります。内容は、下記の通りです。

【必要書類】

事前に下記の物をご用意して頂きます。

履歴書、ファシリテーター自己評価表、課題レポート「アクティブ防災を通して達成したいこと」

※「OJT研修報告書」「防災コンテンツ証明」は、過去の実績を元に、事務局から面接官に直接提出させて頂きます。

※課題レポートは、本事業の中で達成したいことだけでなく、本事業を通して得られるであろう経験から、「防災の啓発として社会に対して行いたいこと」「数年後の起業」等のこと、またその両方でも構いません。

【認定試験内容】

面接30分程度

【合格通知】

認定試験に合格された方に、認定証を発行させて頂きます。

認定ファシリテーターとして活動していただくには、年会費をお支払いいただき、登録していただく必要があります。

年会費や受託可能なお仕事、利用できるサポートや制度等は、会員制度案内をご覧ください。

4.ファシリテーターとしてデビュー

ファシリテーター(ジュニア)の認定を受けた方は、アクティブ防災講座をファシリテーションできることをMAMA-PLUGが保証したことになります。認定を受けたコンテンツに関しては、講座を開講することが可能です。広報や助成金を利用した講座開講について、サポートを受けながらお仕事をスタートさせることができます。自信を持って、防災の啓発活動を行っていきましょう!

認定を受けた後も、引き続き、OJT研修や防災サロンでの研修に参加して頂くこともできます。講座を運営していく中でお困りのこと等がありましたら、研修やファシリテーターのコミュニティ(本サイト上)を利用してください。

 

また、MAMA-PLUGが依頼を受けた講座を、ファシリテーターの方に委託することもあります。依頼主との打ち合わせ方法がわからないという方は、MAMA-PLUGから委託する講座を、打ち合わせから同行することでノウハウを掴んでいってください。

 

サポートについてはこちら

Pocket