アクティブ防災基礎知識- アクティブ防災を学びたい

家族で防災会議をしましょう!2013.09.11.

家族で防災会議をする際には、下記のことを皆で話し合い、家族全員が把握するようにしましょう。

家族で防災会議をしましょう!

1.家の中で一番安全な場所、危険な場所の確認

家の中で一番安全な場所、危険な場所の確認

  • 口頭で確認するのではなく、家族みんなで安全な場所、危険な場所まで行き、確認しましょう。
  • 台所、窓、倒壊の恐れがある家具の近くは危険です。
  • トイレは安全だと思われがちですが、ドアが開かなくなるなどの危険も。ドアの前に何も置かないなどの工夫が必要です。
  • 寝室など、敢えて危険なものを置かない部屋を作り、安全を確保しましょう。

2.緊急時の家族1人ひとりの役割り分担

  • 小さな子どもや高齢者がいる場合、緊急時の避難誘導は誰がどのように行いますか?
  • 家族のスケジュールを考慮し、日中と夜間のそれぞれの役割り分担を決めておきましょう。
  • 避難バッグは誰がどれを持ち出ちますか?

3.救急医薬品や消火器具などの確認

  • 救急医薬品や消火器具の場所は、家族全員が知っていることが大切です。
  • 小さな子ども以外の家族は、使い方を知っていますか?

4.避難バッグの中身について

  • 期限切れ、バッテリー切れのものがないか確認してみましょう。
  • 追加した方がよいもの、取り除いた方がよいものはありませんか?

5.災害用伝言ダイヤル(171)や災害伝言板の使い方について

  • 緊急時の連絡方法を家族で決めていますか?
  • 緊急時の連絡先は、複数用意していますか?
  • 小さな子ども以外の家族は、その緊急連絡を行う手段(災害用伝言ダイヤルや災害伝言版)を利用できますか?
  • SkypeやTwitter、facebookなどのSNSを利用している場合は、緊急時の連絡手段の1つとして活用できるように決めておきましょう。

6.安否確認の取り次ぎをしてもらえる遠方の知人・親戚との連携

  • 協力してもらえる知人・親戚の連絡先は、暗記するか、いつも持ち歩いていますか?
  • 協力先にも定期的に「緊急時の取り次ぎ先」であることをリマインドしましょう。

7.避難場所、避難経路について

  • 小さな子どもや高齢者だけが自宅にいた場合にも、避難できますか?
  • 避難場所は家族全員が知っていますか?
  • 災害ごとによって避難場所を決めていますか?
  • 家族全員が最終避難場所を覚えているか、確認しましょう。
Pocket