アクティブ防災ピクニック- アクティブ防災を学びたい

防災ピクニック報告vol.6『テレビの取材で防災ピクニックに行ってきました』2013.03.13.

テレビの取材で防災ピクニックに行ってきました

一体何をしているかというと・・・

TBS「ひるおび!」さんのご取材を受けておりました。
オンエアは21日(木)の予定です☆

今回の防災ピクニックでも、色々と新しいグッズや非常食をトライ。

テレビの取材で防災ピクニックに行ってきました

最初の写真でも少し写っているこちらは、登山用に販売されている携帯用のコンロです。
手のひらに乗る程のサイズですが、火力はかなり強いです。

写真は4分で茹でられて、そのまま食べられるおそばを茹でているのですが、450mlの水が5分程度で沸騰しました。家庭用の火力と遜色ないですね。

子どもが側に居る場合や、初めて使用する際は注意が必要ですが、かなり満足の使用感です。

お値段も写真のもので8000円前後で少々高いですが、繰り返し使える事を考えると大変お得だと思います。

また、使用している鍋やフライパンがテフロン加工の物なのですが、お水がなかなか使えない非常時を考えると、拭き取るだけで良いので他の食器と比べると後片付けが楽でした。

テレビの取材で防災ピクニックに行ってきました
テレビの取材で防災ピクニックに行ってきました

次に食べたのが、防災ピクニックでも何回か試食している「発熱型」の非常食。
今回はビーフシチュー&ライスです^^

この発熱する非常食は、全体的に非常に優秀な気がします。
味もコンビニのお弁当レベルではあると思います。保存食とは言え具材もゴロゴロ、お米もふっくらしていて匂いも気になりませんでした。
子ども達も「おかわり!」を連発。

但し、こちらも全ての非常食をこれに変えられる程経済的ではないので、ご家庭で試して備えを考えてみて下さい。写真の商品で900円前後です。

味が濃い物が続いたので、

テレビの取材で防災ピクニックに行ってきました

次に試したのは、缶詰のチョコレートマフィン。
やはり しょっぱい→甘い という欲望は皆共通ですよね。
味はとても美味しかったです。こちらも味は缶詰を感じさせないクオリティですが、やはり粉物は水分が絶対に必要になりますね。
子どもたちも「美味しい」とは言ったものの、お水に制限をしてみると食べる気力を失ったようでした。
3年間保存が出来るので、甘いもの好きの方は備えても良いですね。
値段は300円前後です。

その他、デオドラント効果のある速乾性の服を着用したり、新しいホイッスルなどを試して来ました。

今回私たちが気付いた事は、「非常食の献立を考えてみると備えがしやすい」ということです。
味の濃い物を食べた後に、甘い物を食べるとホッとします。
甘い物を食べた後にお茶やコーヒーを飲むとホッとします。

そして、「献立」の必要性です。おそばを食べた後、味の濃いお出汁が残りました。
うーむ、そこまで考えていなかった!とNoriと反省。
おそばで残ったお出汁はお米を炊くのに使い回す、などの視野の広さが、ゴミを減らす事にも繋がりますし、新たな非常食メニューを発明するきっかけにもなりますね。
そういったシミュレーションをしてみると、自分にとって、より過ごしやすい備えが見つかりますよ。

こちらの模様は21日の「ひるおび!」でも少し紹介されます。是非チェックしてください!

Pocket